1. 無料アクセス解析
文鳥さんや家族の日常を書いています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by asanori925
 
[スポンサー広告
教育方針の違いでの夫婦喧嘩
題材があったので想った事を書いてみます。

そもそも夫婦とは元を正せば他人同士。

お互い全然違う道を歩んできた二人が一緒になるんだから
当然、意見が違っても当たり前だと考えています。

だけど、子供たちは大人、親を見て育つんですから
当然、夫婦間で意見が食い違い喧嘩もあります。
以前はその喧嘩が面倒でお互い適当にやり過ごしてきましたが
今は思いっきり喧嘩します。
冷戦にもう飽き飽きしてましたからね。

そしてきっちり結果を出すことにより
譲る事ももちろんどちらかの意見を納得の上で通すことも
多々あります。

子供の教育方針で以前に喧嘩したことといえば。。。

私が子供に対して過保護すぎると指摘されました。
その内容とは。。。
自分で出来ることは自分でする
という、主人の考えに反対したのがきっかけです。

上の子が1年生の時に上靴を持ち帰った際
私がごしごし洗っていたら、自分でやらせたらいいと
言ってきました。

自分で出来ることを増やし自分で出来る事=すばらしい事と
教えてやるのが親だって言われました。。
それは正しいことだけど今のタイミングでそれは違うと
私は猛反対

まだ不慣れな学校生活が始まり、沢山取り組むことが増え
それに対して苦悩していたり必死だったりする表情を
毎日目の当たりにしていた私にとって、
上靴=洗濯物→それってママの仕事だから
私から仕事を取り上げないでって言いました。

その頃は仕事が忙しく、子供と接する時間がほとんどなく
何もわかってない状態でそれを言い放たれたので許せなかったのもあります。

それに自分が子供だった頃、親が忙しくて
自分の身の回りの事をほとんど自分がやっていたから
わが子も出来るだろうと考えていたそうです。

親が忙しいなら仕方ありません。

でも母親である私が子供との時間を大切にするために
専業主婦になるきっかけとなったのが1年生になるからっていう理由から
だったので学ばせながらも手伝ってあげたり
引き受けたり出来るのが私の務めです。

主人は男の子なんだからたくましく育てないとって言いますが
放任気味なのとは違いますよね・・

それよりも主人の元々の人格に疑問を持つことが
多く、今も衝突しますが根本的なことなので
子供にそれを見せないようにしてもらってます。
威厳がなくなりますから。。
私も子供の前では出来るだけ意見しないように
していますが、それすらちょっと違うなって思う事があり
子供にも聞いてもらい、主人に直接それは違うだろうと
言ったりする事もあります。
もちろん、その機会は私が意見される立場になりうる事も
前提で、家族で話をします。

みんな立場は平等ですからね。

話がそれましたが・・・

子供の事をまっすぐにきちんと責任を持って
思い遣る姿勢が親として欠けてきている?
親が子供に甘えてる場面が増えてないか
いつも自問自答しています。

もちろん、主人と私の間で言い争いになる時もあります
親子喧嘩する時もありますが
感情を押し殺すよりも思いっきり言い合える家族でいたいので
気性の激しい家族に見えるかもしれませんが
心の奥底で何を考えてるか探らないとわからない家族よりは
よっぽどいいと思います。

子供の素直さを育てるために
主人がゆがんでる大人の考えを言えば私が怒り
私が曲がったことを言ってたらもちろん怒られます。
子供が相手でも同じ事です。

教育方針はもとより、家族間がどれだけ密であるか重要ですね。

元々、子はかすがいな主人ではないので
意見が食い違うことが多いですが
本当に子供を思い遣って考えてくれないか?っていう
言葉で喧嘩が終わりますね。

子供をどう大切に想うかそれも人それぞれですから
これが絶対正解というのはないのかも知れませんが
子供の笑顔を守りそれを継続する事が大切ですね。

お腹を抱えて腹筋が痛いぐらい笑いころげる機会が
多くある家族を目指しています。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ



大切だから、譲れない。子供の教育方針で夫婦ゲンカ勃発!- ログスターバズ[LogStarbuzz]|みんなのホンネがここにある!




★教育に関することならこちら!
教育のことで悩んでいませんか?click
子供の成長に役立つ教育や資格情報が満載!
バイト 兵庫 click
→クリスマスなどのイベント前に

スポンサーサイト
Posted by asanori925
comment:0   trackback:0
[日記
comment
comment posting














 

trackback URL
http://asanori.blog7.fc2.com/tb.php/120-bb733915
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。